更年期障害の症状と言っても
のぼせ、ほてり、発汗、不眠、
イライラ、倦怠感、尿漏れなど、
実に様々なものがあります。

更年期障害の症状

ひとくちに更年期障害の症状と言っても実に様々なものがあります。のぼせ、ほてり、発汗、不眠、イライラ、倦怠感、尿漏れなどですが、その中でも断然多いのが「のぼせ」「ほてり」「発汗」の不定愁訴です。
更年期障害とは、加齢を原因とするホルモンバランスの乱れから起こる自律神経失調症であるとも言えます。 自律神経失調症なら年齢にかかわらず誰にでも起こりますが、その中でも女性ホルモンの減少が原因となって 更年期障害には様々な症状が現れてくるのですが、代表的な症状には以下のようなものがあります。

ほてり・のぼせ

突然顔が熱くなったり(ホットフラッシュ)、大量の汗がしたたり落ちる、あるいは下半身は冷えているのに顔がやけにほてる (冷えのぼせ)などの症状があらわれます。これは、脳の視床下部がコントロールする自律神経が乱れることで、体温調節がう まくできなくなることから起こってくるものです。その他にも、動悸や息切れ、めまい・耳鳴りなども自律神 経の変調によるものです。

不眠・イライラ・うつ

更年期には身体的症状の他に精神的症状も多くみられます。眠れない・イライラする・気分が落ち込むなどが主な症状となります。 また、女性ホルモンであるエストロゲンの減少などの生理的要因に、家庭環境などを代表とする、日常生活の急激な変化などのス トレスが加わるとさらに悪化する傾向がみられるのも特徴です。

尿漏れ・残尿感

「くしゃみや咳をしたらオシッコがもれた」、「トイレに行ったのに間に合わずに失禁してしまった」など、尿漏れ・失禁・残尿感・ 頻尿などの症状が表れてくることがあります。これらは泌尿器周辺の筋肉の衰えにより起こることが多いのですが、これにはエストロ ゲンの減少により、粘膜に異常が起こることも関係しています。

手足のしびれ

特に何もしていないのに手や足がしびれたり、蟻走感といって、蟻が身体の上を這いずり回っているような特殊な感覚が起こる ことがあります。これは皮膚の知覚神経に異常が生じたためで、普段より感覚が敏感になる人もいれば、逆に鈍感になる人もいます。

便秘・下痢・食欲の変化

更年期の影響は消化器系にも及びます。消化器は自律神経によってコントロールされているためです。代表的な症状としては、 便秘、下痢、膨満感、吐き気などがあげられます。また、過食の傾向が出てくる場合や、それとは反対にまったく食欲がなくなる場合がみられます。

不眠・イライラ・うつ

更年期には身体的症状の他に精神的症状も多くみられます。眠れない・イライラする・気分が落ち込むなどが主な症状となります。 また、女性ホルモンであるエストロゲンの減少などの生理的要因に、家庭環境などを代表とする、日常生活の急激な変化などのス トレスが加わるとさらに悪化する傾向がみられるのも特徴です。

スポンサードリンク

css template by office-f(エフ)