更年期とはほど遠い20歳〜30歳代の女性にも
更年期と同じような症状が現れるケースが
増えているそうで、
若年性更年期障害と呼ばれています。
HOME > 若年性更年期障害(プチ更年期)

若年性更年期障害(プチ更年期)とは

通常の更年期は、閉経を中心とした前後5年間程度の間をさします。加齢を原因とするホルモンバランスの乱れから、自律神経の不安定やほてり・ のぼせ・肩こり・うつなどの、肉体的・精神的に不快な症状が現れやすくなる時期でもあります。
通常は上記の通りなのですが、最近は更年期とはほど遠い20歳〜30歳代の女性にも更年期と同じような症状が現れるケースが増えているそうです。 通常の更年期と区別する意味なのかどうか、「若年性更年期障害」と呼ばれています。今風に「プチ更年期」とも呼ばれているようですが、 プチなどと呼ばれると、それほどたいしたことでもないか…と何となく感じてしまうのは不思議なところですね。

若年性更年期障害と更年期障害の違い

若年性更年期障害と更年期障害の違いはどこにあるのでしょう。
更年期障害は女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が減少し、ホルモンバランスが崩れることが原因で起こると言われています。 同様に、若年性更年期障害もエストロゲンの分泌量の減少が原因で起こると言われていますが、若年性更年期障害は、 通常の更年期障害とはエストロゲンが減少する仕組みが違っているそうなのです。
通常の更年期障害は、脳からエストロゲンを出す為の指令が出ても、加齢に伴う卵巣機能の衰えで、エストロゲンの分泌が減少してしまうのです。 若年性更年期障害の場合は、卵巣機能は正常でも、ストレスなどの影響で脳から出されるはずのエストロゲンを出す為の指令が出なくなっている為に卵巣が働けず、 その結果としてエストロゲンが減少してしまうのです。
以上のように、若年性更年期障害の場合は、通常の更年期障害とは違い、卵巣の機能自体に問題があるわけではなく、 卵巣がうまく機能出来ない状態が原因で起こると考えられています。

若年性更年期障害(プチ更年期)の原因

若い女性にとっては、卵巣機能の衰えやホルモンバランスなどとは無縁のはずなのに、更年期障害と同じような症状が現れてしまうのは 何とも不思議ではあります。
さてその原因はというといろいろとあるようなのですが、まず第一に考えられるのはストレスです。ストレス社会と言われるほどギスギスした現代社会です。
ストレスと無縁な人など探しても見つからないでしょうね。毎日の生活の中で受ける様々なストレス、これらを気分転換などでうまく発散できれば良いのですが、 なかなかそうもいかないのが現実です。 これは各人の性格にも深く関わってくることなのですが、あえて言えば、次のような性格にあてはまると思われる人は要注意かもしれません。

  • 太りすぎ、またはやせすぎの人
    性格ではなくて、体格ですね。まず、過激なダイエットはそれ自体がストレスの元です。ダイエットで無理に痩せたり、今度はリバウンドを起こしてしまい過食傾向、 これでは身体もたまったものではありません。ホルモンバランスは崩れやすくなる、ひどくなると月経が止まってしまったりと、良いことは一つもありません。 これとは逆に、太りすぎている人も要注意です。太りすぎの方の45%に排卵障害が見られるとも言われています。 どちらにしろ極端なのはよくありません。適度な体重を維持することが大切です。
  • 激しいスポーツをする人
    スポーツを本格的に行っている人は、厳しいトレーニングや体重を制御するための食事制限があります。 あまりに激しいスポーツは、肉体的、精神的な苦痛やストレスによりホルモンバランスを乱す原因ともなります。
  • 喫煙者
    喫煙は更年期障害だけでなく健康全般に悪影響を及ぼすことは常識となっています。周りの人たちにも不快感を感じさせることも多いですしね。 喫煙をすることによって身体の血管が収縮します。その結果、卵巣や各機能をめぐる血液の量を減少させてしまいホルモン分泌にまで悪影響を及ぼします。 ヘビースモーカー、特に女性の場合は本数を減らすことです。禁煙できればもっと良いですね。最近は「電子たばこ」や「ニコチンパッチ」など、 いろいろな禁煙グッズが出回っていますので、禁煙に挑戦してみてはいかがですか。
  • ストレス
    女性の社会進出やライフスタイルの多様化にともなって、ストレスも増加傾向にあります。業務上のプレッシャーや子育てと仕事の両立などでイライラしたり、 心理的なストレスは相当なものでしょう。これらストレスを原因として、ホルモン分泌が悪くなり月経が止まってしまうことも起こりえます。 また、忙しさにかまけて生活のリズムが乱れている場合もストレスの原因となるので注意する必要があります。

若年性更年期障害(プチ更年期)の対策

女性の体の状態を知るバロメーターである月経リズムを把握するため、まずは基礎体温をつけ、低温期と高温期がきちんとあるかチェックしてみましょう。
もし、基礎体温が乱れているようなら、まず生活習慣を見直してみることが大切です。

  • 栄養の偏らない食事を心がける
  • 十分な睡眠をとる
  • 早寝早起きをする

などといった生活形態の対策が最も効果的です。これは生活にゆとりをもたらすことにもなり、ストレスの軽減にも役立つでしょう。 忙しく過ごされている方にとってはなかなかできないことではありますが、全部とは言わないまでも、とにかくどれか一つだけでも見直してみる価値はあります。 できるところからと言うことですね。

スポンサードリンク

css template by office-f(エフ)