更年期障害だと思われる場合、
医療機関のどんな診療科に行けばよいのか、
またその検査内容について、
考えてみましょう。

医療機関と更年期 障害の検査

更年期障害は、該当年齢になれば誰でも起こりうるわけです。でも、その症状が不眠やいらいら、食欲不振などでは、その原因がどこにあるのか 自分ではなかなか判断できかねるでしょう。 自分の体は自分が一番よく知っているとはよく言いますが、その実、体調不良の原因などわからないことがほとんどではないでしょうか。
一人であれこれ悩んでいてもらちがあきませんね。そんな時は専門の医療機関できちんと検査してもらう勇気を出すのもすごく大切なことです。
そんな時のための前知識として、更年期障害だと思われる場合、医療機関のどんな診療科に行けばよいのか、またその検査内容について紹介します。
実際に検査してもらうことで自分の身体の状態を正確に知ることができますし、さらに適切な治療を受けることができるので気持ちが楽になること請け合いですよ。

受診する診療科はどこ?

更年期の症状が重くてつらい、すぐにでも病院で診てもらいたい…。でも何科に行けばいいのかわからないという人も多いと思います。 まず、はっきりとした自覚症状があるときは、それぞれの症状にあった専門医に診てもらうのがよいでしょう。
たとえば、腰痛や関節痛なら整形外科、動悸なら内科、不眠やうつ症状なら精神科か心療内科にといった具合です。 まず各科で精密検査をしてもらうことが大事です。その結果、とくに異常がないと診断されたのなら、しばらく様子を見ましょう。 それでも痛みや不快感が治まらない場合は産婦人科を紹介してもらいましょう。
こうすることで、更年期障害と思っていたら全く違う違う病気だった…などというアクシデントも防げますね。
最近では「中高年女性外来」とか「中高年女性健康維持外来」などの中高年の女性向けに外来を設けている病院も少しずつ増えてきましたね。 ご自宅の近くのそういった医療機関を探して受診してみるのも一つの方法かもしれませんね。

更年期障害の検査方法

更年期障害らしいとなった場合に医療機関はどんな検査をするのでしょう。

血液検査

更年期障害の診断では血液検査がとても重要な方法となります。血液検査で女性ホルモンの濃度(量)を調べることで診断します。 ホルモンの濃度(量)を測定して、更年期に一致するパターンかどうかを調べることになります。
女性ホルモンである「エストロゲン」の量が現象と、卵胞(らんぽう)刺激ホルモン(FSH)が増えます。この状態が更年期特有のパターンであれば、 閉経が近い合図になるわけです。それと同時に、ふつうの血液検査で高脂血症や肝機能障害があるかどうかについても調べてくれることがあります。 生活習慣病にも無関心ではいられない年齢ですから、ついでに…といった気軽な気持ちで受けてみるのもありですね。

問診

更年期障害の検査では問診も大事な役割を果たします。 問診は医療機関によって、先生が直接色々聞く場合と用意された質問表に記入する場合とがあります。 いずれにしても次のようなことをあらかじめメモしておくと便利ですね。

  1. 生年月日、職業、食事や運動などの生活習慣
  2. いつ初潮がきたか
  3. 出産年月
  4. 生理周期(量についても)
  5. 最近いつ生理がきたか
  6. 今までにかかった病気と今かかっている病気
  7. 飲んでいる薬やサプリメント
  8. 家族の病歴
  9. 今困っていたり、気になっている症状

心理テスト

「心理テスト」は、神経症やうつなどの精神的な病気などの検査のために行われることがあります。更年期には知らず知らずのうちに 「うつ状態」になっていることもよくあることですので、「心理テスト」の中で抑うつ度を調べたりもします。 「心理テスト」でその人の性格や不安・ストレスの大きさなどがわかります。 心理テストなどと言うと身構えてしまいがちですが、臆することなく気軽に受けてみましょう。

スポンサードリンク

css template by office-f(エフ)