男性更年期障害の症状は、
女性の場合と共通する事が多く、
動悸・頭痛・発汗・ホテリ・のぼせ・
手足のしびれなどが現れます。
HOME > 男性更年期障害の症状

男性更年期障害の症状

男性更年期障害の症状は、女性の場合と共通する事が多く、動悸・頭痛・発汗・ホテリ・のぼせ・手足のしびれなどが現れます。さらに、倦怠感や無気力・不眠・うつなどの全身症状や精神症状のほか、自律神経失調症状も加わることがあります。

男性更年期症状

  1. 血管運動神経症状…「ホテリ・のぼせ・冷え・動悸」
  2. 精神神経症状………「不眠・頭痛・めまい・耳鳴り・不安・呼吸困難・不安」
  3. 知覚異常症状………「しびれ・知覚鈍麻」
  4. 運動器官症状………「肩こり・筋肉痛・関節痛」
  5. 皮膚・分泌系症状…「発汗・口内乾燥」
  6. 消化器症状…………「食用不振・便秘・腹痛」
  7. 全身症状……………「倦怠感」
  8. 泌尿器系症状………「頻尿・残尿感・尿の勢いの低下」
  9. 性機能症状…………「性欲低下・朝立ちの減少・ED(勃起不全)」

上記のように、男性の更年期の場合は、女性における閉経のような特有のはっきりした体の変化があらわれない事に加え、個人差が大きいことなどがあり、男性の更年期障害の症状を分かりにくくしています。その上、複雑で色々な症状がからみあってでますので、「自分は更年期障害なのだ」と気付かれない方が多いようです。
さらに、男性更年期障害に関する医療機関における認知度の低さもその傾向に拍車をかけているといわれています。

スポンサードリンク

css template by office-f(エフ)