女性の場合は、閉経やそれに伴う老化現象によるく
女性ホルモンの低下が更年期障害の主な原因でしたが、
男性の場合もそれと同じような現象が起こる事が
最近になってわかってきました。
HOME > 男性更年期障害の原因

男性更年期障害の原因

40歳で要注意!!、などという年齢ではまだまだ洟垂れ小僧だとお思いの方もおられるでしょうが、それは精神面での話。肉体的には既に老化現象が始まっています。 女性の場合は、閉経やそれに伴う老化現象による女性ホルモンの低下が更年期障害の主な原因でしたが、男性の場合もそれと同じような現象が起こる事が最近になってわかってきました。それが、早い場合は40歳ころから起こりうるのです。

男性にもホルモンの影響

男性にも女性ホルモンが存在すると聞くと意外に思われるかもしれませんが、それは確かに存在します。男性の場合は、20才くらいまでは女性ホルモンの量に比べて男性ホルモンの量が圧倒的に多いのです。ところが、加齢や老化現象にって精巣の機能が衰えてくると、男性ホルモンが徐々に減少していき、40才の声を聞くころになると、この減少傾向が加速しはじめます。この減少傾向には個人差が大きいのですが、60才を迎えると40才の頃の男性ホルモン量と比べた場合、25%程度低下してしまうと言われています。
男性ホルモンの減少は誰にでも見られることですが、重要なのはその減り方です。短期間に急激にガクッと減ってしまうと、体がついて行けず、いろいろな不調が起こってきてしまうのです。このガクッと減った時期に、職場や家庭において過度のストレスに襲われると、男性更年期の症状がより強くあらわれると考えられています。

男性更年期障害になりやすい人は?

ハッキリ言って、「まじめな人」です。まじめな事が悪いというのではありません。何事も真正面から受け止めてしまうようなかしこまった性格をお持ちの方はストレスを受けやすいという事なのです。結果的に、更年期障害が強く出ると言う事につながりやすいのですね。
40歳代の男性と言うと、社会的にも一応の地位を得て責任も重くなり、それに比例してストレスも増加する時期だと考えられます。例えば、サラリーマンなら管理職として重責を担い、社会状況によってはリストラの不安・恐怖とも戦わなければならないという状況の人が多いのではないでしょうか。さらにそれを乗り越えるいとまもなく定年後を視野に入れた人生設計もせざるを得ないとなると、その重圧も想像以上のものでしょう。近年の不景気y大震災などといった社会状況を考えると、将来に対する不安も増大せざるを得ないでしょう。
また、家庭でも子どもが巣立った後に、孤独感や疎外感、夫婦のすれちがい、果ては熟年離婚など深刻な問題を抱えるなど、他人事では済まされないでしょう。さらに、体力の衰えや老後の不安も悩みとなって追い打ちをかけてきます。
このような背景が重なると、最初の更年期は40才代前半にやってきます。特に、真面目で融通がきかない、がむしゃらに仕事をする生真面目タイプの人は、ストレスをため込みやすく男性更年期障害に陥りやすいようです。次のピークが60才代前半。定年やそれにともなう環境変化によるストレスが引き金になるようです。

更年期障害に陥りやすいタイプだとされている人の類型は次の様にいわれています。

更年期障害になりやすい男性
  1. ストレスに弱い人
  2. 神経質でまじめな人
  3. 自律神経が不安定な人
  4. 管理職になっている人
  5. 銀行員や税理士などをしている人
  6. 事務系で細かい仕事が主の人
  7. 人間関係の下手な人
  8. 生きがいや趣味のすくない人
  9. くよくよと考え込む人
  10. 通勤時間が長い人
  11. 家族関係に問題がある人
  12. 生身体を動かすのが嫌いな人
  13. せっかちで几帳面な人

主な症状を列記しましたが、これらが全て当てはまる人はほとんどいません。しかし、この中のいくつかでも当てはまると思われる場合は、更年期障害の可能性を考えても良いでしょう。また、該当数が少なくても、症状が酷い場合は、念のため泌尿器科などに相談し検査を受けるようにして下さい。
上記に当てはまるかな?と思ってしまった方、気をつけた方が良いかもしれませんよ。

スポンサードリンク

css template by office-f(エフ)