更年期障害が必ずしも女性だけの病気ではなく
男性ホルモン「テストステロン」が減少することで
男性にも女性の更年期障害と同じような症状が
現れることがわかってきました。
HOME > 男性更年期障害

男性更年期障害とは

更年期障害といえば、多量の発汗、のぼせ、頭痛、耳鳴り、めまい、動悸などの不定愁訴が一気に現れる、閉経期を迎えた女性に特有のものだと考えられていました。しかし、最近の研究で、更年期障害が必ずしも女性だけの病気ではないことがわかってきました。
男性ホルモンである「テストステロン」の分泌が減少することによって、男性にも女性の更年期障害と同じような症状(男性更年期障害)が現れることがわかってきました。つまり、男性にも更年期があることがわかったのです。
男性が更年期をむかえるのは、働き盛りの45才〜65才が中心となります。この時期に男性更年期障害の症状が現れる事が多いです。「疲れが取れない」「体がだるい」「やる気が起きない」「性欲が低下した」など、更年期障害はいろいろな症状がでてくるのが特徴ですが、その不調の原因がわからず精神的に落ち込んでしまうのも男性更年期の特徴といえます。

疲れがとれないから始まる男性更年期障害

男性更年期障害?

男性更年期障害は、働き盛りの45才〜65才を中心に発症することが多く、

  • イライラする
  • 突然気力をなくす
  • 集中力が欠如する

などの症状が現れてきます。そのため、職場の同僚などから「怠けている」とか「無気力でやる気がない」などと誤解されることも多く、社会的に孤立し大変つらい目にあっている方もたくさんおられるようです。

男性更年期障害の特徴

男性更年期障害は、まず「なんだか疲れる」といった形の症状が出てくることが多いのが特徴だと言われます。年齢と共に、「なかなか疲れがとれない」と思っている方は特に注意された方がよいと思われます。
肉体労働などの仕事に従事している場合は肉体疲労がたまるのは当然ですが、通常ならばこの疲れは「ゆっくり休む」ことにより自然に解消されていきます。それとは別に、にぶい、どんよりとした疲労感や倦怠感が続く場合は、肉体的な原因による疲労ではない可能性が高いと言えます。このようなしつこい疲れがたまっていくのがわかっていながら、それでも自分をごまかしながら仕事を続けていると、だんだんと集中力や記憶力が低下していき、さらに進むと気力そのものが失われてしまいます。よく言われる、うつの状態の始まりの可能性もあります。
男性更年期障害は以前からあったはずなのですがなかなか表には現れませんでした。医学の世界では20世紀前半から着目していた医師もいたそうです。1937年頃、すでにアメリカで男性更年期の症状について発表した医師もいるそうです。 一般社会で、男性更年期障害が認知されだしたのはつい最近になってからのことです。2002年にNHKの番組で取り上げられたのがそのきっかけではないかと言われているようです。漫画家のはらたいらさん(故人)がその番組の中で、自らの男性更年期の体験を紹介したのです。この番組を期に、すでに男性更年期外来を開いていた病院のなかには、それまで月に数人だった患者さんが一気に40人ほどに急増したところもあったといいます。

スポンサードリンク

css template by office-f(エフ)